informaition English home E-mail 更新日
12.9.14


 GORP(Graduate Orthodontic Residents Program)とは、北米の大学の矯正学を学ぶレジデントたちが一同に会して、交流を深めながら、研鑽を深める集まりです。学生が中心になって企画運営し、年配の矯正医がそれをサポートしています。私たち青空研究会のメンバーは、「日本で矯正学を学ぶ若い先生方にも、素敵な交流の場を提供したい。いずれ、若者だけで運営する会に育って欲しい。」と願って青空塾を始めました。ですから、青空塾は単なる講習会ではなく、参加者全員で作り上げていく会です。運営はすべて手弁当、不足分はシニアメンバーが補助しています。老いも若きも、みんなでいっしょに“夢“を追いかけていきましょう。


・日  時

2011 年12月2日(日)13:00から
    12月4日(火)12:15まで

・会  場

ホテルグランドヒル市ケ谷
〒162-0845 東京都新宿区市谷本村町4-1
TEL: 03-3268-0111
www.ghi.gr.jp


*海外招待講演:Young Guk Park先生(キョンヒ大学矯正学講座主任教授、副学長)

第一講演:Non-surgical approaches to skeletal open-bite cases、
第二講演:Recent trend of Post-graduate Orthodontic training in Korea
海外からの先生には、毎年、矯正臨床のお話とご自身の国での卒後教育の様子とをお話いただいています。海外の若い先生方が、今、どのような教育を受けているかを知ることは、自分の勉強スタイルのバージョンアップに繋がるでしょう。

*公開イブニングセミナー&夕食会:三浦不二夫先生(WFO名誉会員)

「若い矯正歯科医に託す夢」
参加費:5,000円(三浦先生を囲む夕食会費用を含む)
※セミナー受講者以外の方も是非ご参集ください。
三浦先生の歯科矯正界への貢献は、計り知れないものがあります。その三浦先生は、若い頃どのように矯正治療に向き合っておられたのか、これからの若い先生方に何を期待されているのか、熱く語っていただきます。その後のお食事会も楽しみです。

ミニ特別講演:Chi-Wen Chen先生(台北市開業)

Recent Situation of Taiwan Orthodontic Practice;
=Group Practice in Orthodontic Office and How it Works=

*シニアからのメッセージ

昨年までのアンケートに答えて、今年はシニアメンバーも発表します。青空シニアの特徴は、テクニックや出身大学の垣根を越えて、それぞれが尊敬しあっていること!渡辺(Bio、愛学大)、浅井(Alexander、阪大)、島田(Bio、日大)、稲毛(Tweed、東医歯大)、井上(無所属、阪大)が、30年以上、矯正臨床一筋に生きてきたからこそ見えてきたものを、若い先生方にお伝えします。

*症例討論

今年のテーマは、「開咬をやっつけろ!」。それぞれが持ち寄った症例について、意見交換を行います。新しい考え方をみつけたり、同じ悩みに安心したり、視野が大きく広がることでしょう。恒例の台湾のレジデントによる素晴らしい症例報告からも、多くを学べることと思います。ディスカッションがより実り多いものになるよう、今年は、事前に症例の概要をまとめておくなど、工夫をします。

*矯正井戸端会議

夕食後、それぞれが持ち寄ったお酒やお菓子を楽しみながら、夜更けまで語り合います。矯正のこと、就職のこと、結婚のこと、仕事と家事の両立のこと、趣味のこと、なんでもOK! ぼやきも悩みもみんなで吹き飛ばして、夢につなげましょう!

*オプショナルツアー

防衛省市谷台ツアー(無料)
青空塾終了後(12月4日13:00から約2時間)、みんなで会場隣の防衛省の門をくぐってみませんか。


・参加費

研修費3万円、食事および宿泊費3万円(公開セミナー代5,000円を含む)

・定 員

国内30名 海外10名

・対 象

矯正臨床カリキュラムを終え、善き矯正歯科医を志す人

・連絡先

幹事:稲毛滋自 seminar@aozora-nakanuki.com


資  料
ダウンロード

■プログラム印刷用PDF
A4判/モノクロ
A4判/カラー

Case Presentation を作成するに当たってのForm(ppt)
Case Presentation Form.ppt(136KB)

参考症例文献
発表者:陳俊伊(Dr. Chen Chun-I)(10MB)


参  照

いままでの青空塾については以下をご覧ください。
◆第7回青空塾のプログラム
◆第6回青空塾の報告
◆第5回青空塾の報告
◆第4回青空塾の報告
◆第3回青空塾の報告
◆第2回青空塾の報告
◆第1回青空塾の報告